ビジネス/オフィス, みなし労働時間制, 仕事

勤怠管理システム導入にはメリットしかない

勤怠管理システムを導入することにはたくさんのメリットがあります。まず不正打刻を防止できることがあげられるでしょう。従来の勤怠管理では、アナログ式のタイムレコーダーとタイムカードを利用していましたが、これは意外と簡単に不正打刻ができてしまいます。誰かと共謀すれば、実際には出勤していない人のタイムカードを打刻することはそんなに難しくありません。

このような不正打刻が横行すると、会社は本来支払う必要のない賃金を払う羽目になり大損害です。勤怠管理システムでは、指紋認証や顔認証などの生体認証で本人確認をして記録するものがあり、これだと不正打刻はまず不可能でしょう。勤怠管理システムを活用することで、コストの削減も可能になります。従来のタイムカードを使った勤怠管理だと、カードに打刻された時間を集計するのに膨大な労力が必要でした。

事務員などが集計・計算するわけですが、その人件費は馬鹿にできないものがあります。勤怠管理システムでは、デジタルデータで記録されますから、集計・計算は簡単です。クラウド上に情報を蓄積して、いつでもリアルタイムに集計結果を見ることができるものもあります。リアルタイムで集計結果を見ることができることは、労働時間管理にも役立つでしょう。

勤務時間が多くなりすぎている人などをすぐにチェックできたりしますから、労働者の体調管理などにも有益です。もはや従来型のタイムレコーダーやカードを使うメリットは何もありませんから、早く勤怠管理システムを導入した方がいいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です