ツール, ビジネス/オフィス, 勤怠管理

固定残業代制における残業代の算出方法

固定残業代制はあらかじめ残業時間を設定しこれに相当する賃金を支払うと言う制度ですが、実際の残業時間に対する残業代の算出方法は非常に単純なものとなっています。一般的にはあらかじめ決められた時間以上に残業を行ってもその残業代は支給されないと考えられていることが多いものですが、法律上は想定された残業時間以上に残業行った場合にはその分の賃金は支給されなければいけないことになっているため、その算出方法をしっかりと認識しておくと実際に請求を行う際に非常に重要なものとなるので注意が必要です。固定残業代制はあらかじめ想定された残業代を賃金の中に組み込み、実際に行った残業代がこの想定より多くても少なくてもあらかじめ決めた賃金を支払うと言う契約体系です。しかし、法律上は賃金が固定されるのではなく、あくまでも事前に残業時間を設定しこれに伴い賃金を支払うと言うもので、その残業代が実際の残業時間に対して不足している場合にはその不足分を支払わなければならないと言う点に注意が必要になるものです。

しかし、多くの場合には固定残業代制の場合賃金の支払われる残業時間が固定されていると言う印象があり、それ以上の残業を行っても賃金には反映されないと言う認識を持っている人が少なくありません。また会社側もこのような説明を社員に行い、業務効率を高め残業時間を短縮するように要求することも多いのですが、実際には超過した残業時間の分についてはしっかり請求することができると言う電話を十分に心得ておくことが重要になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です